'''''五味由梨 制作の記録
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
芸大の修了制作展
1月26日から1月31日にかけて東京藝術大学 大学美術館にて、修了制作を展示しました。お時間をつくってお越し下さった方々、本当にどうもありがとうございました。
I've exhibited my project 'Landmark' in The University Art Museum, Tokyo university of the Arts from 26 to 31 January, 2013.


東京都美術館の学部生の展示のほうは会期中に3500人のお客さんがいらしたそうで、大学院生の会場である芸大美術館も土日は都内のおおきな駅のような混雑具合で、興味をもって芸大にいらしてくださった方々に感謝です。私の作品を紹介したハガキ500部も旅立って行きました。


今回はLANDMARKというロゴをはじめ、額縁内のマットに直接刷ってキャプションとなっている土地名のタイポグラフィは自分でつくりました。懐かしいアルバムの雰囲気をイメージしています。キャプションは銀色でシルクスクリーンしています。


本の試作の一部や、作品を掲載していただいているイギリスの教本、この作品を制作した経緯の日本語と英語の説明も置きました。

ちなみに、芸大の展示は「台」も基本的に各自の手作りです。私も木材を注文して、工房で機械でカットしてもらって、ペンキ塗ってつくりました。


それから、日曜日から月曜日は修復中でしたが、ハードカバーの本を手作りしたものを展示しました。昔の写真の裏表が、両面で見れるようになっています。


展示前に行われた学内採点では、試作のもっと枚数の多いジャバラ本をメインに並べましたが、結局、展示は見やすい枚数の少ないほうにしました。



手作り本は、他にも何冊か形やレイアウト違いで試作をつくりました、展示したものも完成形とは言えなくて、クライアントのいない自主制作の深みにつっかかってます・・・

とりあえず、まだまだ反省点もありますが、芸大の修了展という舞台で一段落させることが出来てホッとしています。

会場ではひさしぶりに中学高校、予備校、アルバイトや大学時代の友人たちに会えて、感激感動の時間を過ごすことが出来ました。ありがとうございました!

 © Yuri Gomi

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※写真の無断転用はご遠慮ください※

(以下の広告は本ブログとは関係ありません)







イギリスの修了制作展
I am exhibiting my final project for MFA Photography at UCA Farnham campus, Surrey, United Kingdom until 7th September 2012. 
2012年9月7日まで、イギリス・サリー州のUCA芸術大学にて修了制作を展示しています。曾祖母が1966年に旅行して記念写真を撮った場所を2011年に訪れ、中判フィルムでセルフポートレートを撮ったシリーズをじゃばら状の本にしたものです。
展示詳細(英文)
Exhibition detail 
展示会場で配布している100部限定のミニサンプル。
I passed out small samples of my project, 100 limited edition, at this show.
作品詳細はこちらのプロジェクトページにアップしました。
Project detail
(photo by Beytan Erkmen)
お近くの方でお時間ございましたら、どうぞよろしくお願いいたします。
 
© Yuri Gomi

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※写真の無断転用はご遠慮ください※

(以下の広告は本ブログとは関係ありません)

グループ展'Lost Outside'
事後報告ですみません、イギリスのWorkinghamでのグループ展に参加させていただきました。
メンバーはサリー州にある大学の写真科の院生たちです。
- - - - -
Lost Outside, group show, Workingham, United Kingdom, 24 to 31 March 2012. 

Poster

搬入の様子。私は東京にいたので、仲間に感謝。
I appreciate my friends who put up my works!


こちらのブログでグループ展を紹介していただいています(英文)→Art in the Grey Zone


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(以下の広告は本ブログとは関係ありません)

「interactive」インドグループ展
「interactive」が2度目のグループ展に参加しました。2012年1月31日から2月6日、インドのアーマダバードにあるNIDという大学内です。

A photo of my project 'Interactive' was exhibited in a group exhibition 'Travelling Light' at The National Institute of Design, Ahmedabad, India from 31 January to 6 Febuuary 2012. 

Travelling Light web site





These photos are taken by a curator of the show. Thanks, Maria!
写真は展示に関わった大学スタッフの方に送っていただきました。 
警備員さんが寝てる夜中のインド校内が懐かしいです。




真冬のロンドンからの投稿でした。
Posted from London.

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(以下の広告は本ブログとは関係ありません)

プロジェクトinteractive
自主制作の展示のお知らせです。
A photo of my project 'Interactive' will be exhibited in a group exhibition 'Travelling Light' at The National Institute of Design, Ahmedabad, India from 31 January to 6 Febuuary 2012. 
 
Travelling Light web site

 I put on a photo which was taken at my previous group exhibition in India↓.
- - - - - - 

インドの短期交換留学中にはじめた自主制作「interactive」が2度目のグループ展に参加します。
2012年1月31日から2月6日、インドのアーマダバードにあるNIDという大学内です。

グループ展Travelling Lightのウェブサイトにシリーズで写真がアップされました。

画像をクリックすると、次の画像になります。

http://www.travellinglightshow.com/work/yuri-gomi/


ちなみに、前回の自由な雰囲気の展示の様子↓ 
(今回の展示はもうちょっとorganaizedされています)


Concept - - - 


Interactive, 2011

When we cross geographical border, our own culture becomes visible on the surface of our skin. We participate in many stories and many encounters like players in a theater. This project portray peaceful interaction between different cultures.



インタラクティブ, 2011

 文化背景の境界線は、地図の上ではなく、私たちの肌の表面に現れる。国境を越えて移動したときに出くわすたくさんの出来事は、まるで劇場の舞台で主人公になったかのようである。この作品は、平和的におこる文化差異による相互作用を視覚的に表現する試みである。



by Yuri Gomi / 五味由梨



・・・というコンセプトで作っています。

インドの制作環境で、白黒コピーの店と文房具屋のカラーペンを見つけて、表現方法がこうなりました。作品は、イギリスに戻ってから作り直しましたが、技法はそのまま使っています。色数は減りました。


photoshopを使ったカラーのバージョンを目下制作中です。

インドの学生たちがイギリスに来るので、撮影もつづく予定です!


 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(以下の広告は本ブログとは関係ありません)


インドでグループ展 'BirD SHiT'

短期交換留学の区切りに、インドのNID大学(National Institute of Design)内で写真のグループ展を行います。

National Institute of Design PG Campus Gandhinagarにて

2011年12月9日から3日間。

(学内なのでお立ち寄りの際は私にご連絡いただければと思います)


即席で展示のポスターを制作しました。


インドで始めた’interactive’という写真シリーズはborder/国境へのアプローチの駆け出しで試作中ですが、区切りなので展示します。


グループ展のメンバーは、イギリスのUCA大学の同窓生です。

ヨーロッパの出版社から何冊か写真集を出している新進イギリス人写真家DanとBrendan。

写真の大学院修了後から出版会社をたちあげたTimothy

現在ファッションフォトグラファー見習いのGianadrea。

インドの法律家から写真家に転身したAmit。

アメリカの法律家から転身、イギリスで写真を学んでいるAnita。

そしてインドでも健康なだけがとりえの私です。


制作過程やグループ展の写真は追ってアップいたします。

まだまだ暑い、アーマダバードにて。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


(以下の広告は本ブログとは関係ありません)

展覧会「For Japan」
ご無沙汰しております、
東京での打ち合わせ先にて「ブログの更新は??」と聞いていただいて
筆まめでない自分をのろいながら、
見てくれてる方に感謝して 久しぶりに更新させていただきます。

遅くなってしまいましたが、
8月にロンドンのHotShoe Gallery で行われたグループ展のご報告です。


100名の写真関係の作家が参加しているとあって大盛況。
チャリティーオークションも大成功でした。

詳細webはこちらでした。
http://www.hotshoegallery.com/past/for-japan-open-submission/

HotShoe Gallery の外観↓

日本に関するもの、というテーマがあり
イギリスにある少ない手持ちのネガのなかからセレクトして展示させていただきました!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(以下の広告は本ブログとは関係ありません)

ロンドンの展覧会に作品提供
I contribute one of my work to the charity print sale/auction at HotShoe Gallery in London from 2nd to 5th August 2011. 

Auction : 5 August 2011
address : 29-31 Saffron Hill, London EC1 The United Kingdom

- - - 

ロンドンのFarringdon駅近くにあるHotShoe Galleryで行われる
展覧会「For Japan」に1点写真作品を提供させていただきました。

日本に関する100枚のチャリティーオークションを兼ねた展覧会です。

展覧会の成功に、微力でも協力することができていたら嬉しいです。
現地の写真は追ってアップしたいと思います。

展示は2011年8月2日から5日、オークションが8月5日です。


詳細はこちら / ditail
HotShoe Gallery
http://www.hotshoegallery.com/current/for-japan-open-submission/

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(以下の広告は本ブログとは関係ありません)

ミュンヘンでのグループ展
I exhibited my piece of work at  "Goldener Kentaur 2011" in Munich, Germany on May.

- - -

5月初旬に、ドイツ/ミュンヘンでの大規模なグループ展に招待していただきました。

 

Goldener Kentaur 2011はミュンヘンにある美術館の企画で、
ヨーロッパ26カ国の美大から4人ずつの学生が招集され写真に関する作品を展示しました。

 展示会場の入り口

 

高校以来、視覚伝達の道をまっしぐらに来ているなかで、視覚表現において重要な'写真'への興味が深まり、現在イギリスの大学院で専攻しております。
サリー州のイギリス軍隊の演習場で中判カメラをつかって撮影した1点を展示しました。

© Yuri Gomi

写真を使った制作は、高校生のときに高校生学習誌の表紙に掲載していただいたことを最初の発表の機会に、東京芸大で学部1年から院1までの写真演習と暗室通い、在学中に雑誌出版社でのカメラアシスタント、そして現在の制作と研究を通して続けています。
このたび1点とささやかながら展示の機会をいただいたのでこちらでも紹介しました。

Goldener Kentaur 2011の図録にもクレジットとともに高画質で掲載していただき、
個人的には反省点をのこしながらも、とても貴重な機会でした。

※写真の無断転用はご遠慮ください※
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(以下の広告は本ブログとは関係ありません)